Top
<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
箱根旅行
守るべきものができると人は強くなる……とかならないとか。

murany「バブバブバブ〜パパでちゅよ〜」
d0086914_1181513.jpg

とか言ってたら面白いのだが…。



3ヶ月の放浪から帰ってますますたくましくなったうちの
「おらー温泉行くぞー!!お前らついてこいーー!!」
と言うので、秋も深まる箱根の山へ。


ポーラ美術館 /安田幸一・日建設計
d0086914_1294231.jpg


旅の面子は僕以外にmurany、naruto、ryogoの4名。
もう1人参加予定だったminoruは風邪でダウン。
d0086914_1323166.jpg

エントランスホールのディテールがかっこええ
d0086914_1481856.jpg

全体像は斜面に壕を掘ってボリュームの大部分を埋め込んでいるのでとらえきれない。エントランスから続く大きなホール空間と展示室がいくつかという構成。RC?の重そうな天井とガラスのせめぎ合いは個人的には好きだけど、わざわざここに柱をたててまで?って気もしなくもない。ホールにも彫刻などの展示があるのはイイ。細かなディテールの納まりは流石と言った感じ。企画展示は“ドガ、ダリ、シャガールのバレエ”です。
d0086914_1432731.jpg

3層吹き抜けの空間。
d0086914_204688.jpg



美術館の後は、露天風呂天山へ。箱根ではめちゃめちゃ有名な温泉らしい。
d0086914_251236.jpg



温泉の後は、静岡は御殿場にあるアウトレットモールまで足をのばしました。
ここは本当に買い物モードで行くと、山ほど買い込んでしまうのかもしれない。
今回はMUJIで日用品を少しだけ。はっきり言ってここで買わなくてもいいものだけど…。
他のメンバーはちゃんと買い物してました。

夕食は横浜で。murany行きつけのSTELLA di MAREでイタリアンでした。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-28 23:17 | 旅行
COCOLABOワークショップ
今日は新宿パークタワーにてCOCOLABOのワークショップを行いました。
僕は、記録係として参加。ひたすら写真を撮りまくってました。
d0086914_0512827.jpg



ワークショップの事前準備は全てコンペや課題に追われるM1メンバーにまかせっきりで
さらにこんな立派な「みんなのえんがわ」の1/50部分模型まで制作してもらいました。
d0086914_0484532.jpg


まず1/20スケールの家1件分の部屋と家具・間仕切りなどを参加者達に配り
それぞれに事前に考えてもらって来たえんがわの使い方などをふまえながら
思い思いに「みんなのえんがわ」を提案してもらいます。
d0086914_0485926.jpg

d0086914_0491012.jpg

d0086914_0492287.jpg

d0086914_1314048.jpg

d0086914_1321064.jpg

d0086914_0494791.jpg

子供達にニコッ〜ってやられると、こっちもつられてニコッ〜って笑ってしまうのである。
d0086914_0493437.jpg


子供連れだけでなく夫婦の参加者もいました。
d0086914_050299.jpg


最後にそれぞれの「みんなのえんがわ」を紹介してもらって
d0086914_05027100.jpg

マイクロスコープで1つに合わせた「みんなのえんがわ」を覗いてみたり。
d0086914_0504763.jpg

本当はえんがわは外周にまわるはずなんだけど
まぁ、細かいことは気にしない気にしない。楽しければ良いのである。

“子供の発想力”には無限の可能性があるのだと改めて気付かされた1日でした。


d0086914_051340.jpg

みんな、お疲れさまでした!!
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-25 22:25 | 建築
はつゆめ
d0086914_3491337.jpg

六本木ヒルズで父親たちの星条旗を観る。
映画を見ながら、小学生の時に祖父から聞いた戦場での体験についての話、子供ながらに非常に大きなショックを受けた事などを同時に思い出してしまった。
本当の兵士は戦争について語る事はない。なぜならその全てを忘れたがっているから。本当の戦争を知らない僕たちだからこそ見るべきなのかもしれない。




その後、ビル・ヴィオラ:はつゆめを観に森美術館へ。ビデオ・アートと呼ばれるような作品にはあまり触れた事が無かったのでいろいろと新鮮な感覚を楽しみつつ観覧。
d0086914_352791.jpg

ほとんど全ての作品に高速度撮影されたスローモーション映像が用いられている。引き延ばされた時間、切断されて断片化した時間、ときには断片化された時間がパッチワークのようにつなぎ合わせられていたり。暴力的なまでに歪められた時間が全ての作品を支配しているとでも言えばいいのだろうか。絵画的な動画/動画的な絵画、現実世界の表象だけを薄く引きはがして加工したかのような奥行きの無い空間。しかしその奥行きが削ぎ落とされた空間にこそ幻想的な「ゆめ」の世界が存在している。あいまいな表現しかできないけれど高速度カメラによる時間の切断は、作品の中にまったく別次元の空間を生み出している気がした。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-19 23:16 | 雑記
足跡
d0086914_2473996.jpg



最近mixiの過去の日記を少しずつ選別しながらこちらに誘導している。
ちょうど1年程前から自分が残した足跡をたどって行く作業。

1つ1つ読み返していると
不思議と日記に書いた事と同じくらい
日記を書かなかった事もいろいろ思い出してくる。

なんだか自分の記憶を編集しているような感覚に陥る。

この日記が1年前の出来事となったとき
今と同じように何かに追われ続けながら
忙しいとも暇とも言えないような日々を送っているのだろうか。



先日、兄貴に修士論文の計画を見ていただきました。
なんとなくGO!!サインが出た感じなので一安心。
進み方次第では修士設計に発展する可能性も若干は残っているし。
あとはゴリゴリと進めて行くのみ。
N沢さんにはいつ見せるかなぁ〜


写真:建築学棟から見える朝やけはMM21からのぼってきます。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-17 01:30 | 雑記
横浜に来たからこそ
できるようになった事をやってやりたい

と思う。

d0086914_2151750.jpg



夜、研究室OBのhomさんに修士論文の相談にのってもらおうと新宿へ。
最近、気持ち的にも追いつめられて来て
ちゃんと論文テーマについて考え続けていたので
なんとかぼんやりとしたテーマが浮かび上がって来た気も…。
でも人にちゃんと話をしてみると全然進んでいない事もしっかりと見えて来たりもして。


いざ取り組み出すと本当に学生最後の仕上げだし
設計でも論文でもかまわないからちゃんとしたモノを提出したいと
そんな気持ちがジワジワと湧いてくるわけで。

去年の春に横浜へ来てからというもの
学部時代の環境との違いに驚きながらも
そのズレを観察したりすることが本当に面白くて
その時々にいろいろと考えて来たわけですが(060126060215
やはり横浜に来たからこそ持ち得た視点であったり考え方であったりを
何かしら自分の中で着地させておきたいという思いが
日増しに強くなって来ているわけで。

要するに最後に“都市の公共性”みたいなデッカイことについて語りたいわけなのです。



写真は最近風景とか撮ってないな〜ってことで研究室からの景色。
夕方、建築学棟7階から見える空はなかなかのモノなのです。
もう少し右には富士山も見えます。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-12 23:27 | 建築
週末のことなど
話は戻ってこの前の日曜日。


最終日を迎えていた東京デザイナーズウィークをのぞきに外苑前へ。
d0086914_3175838.jpg

外苑前の駅を出た所から蛍光ピンクのまるいビニールバッグを手に下げた人がちらほら。



本会場は人とデザインに溢れかえっていました。
出展されている展示物の数が半端ないので一度に入ってくる情報量が多すぎる。
完全にキャパ越えしている状態だけれど
それでもなんとか面白いものや
何か自分の中で引っかかるものを探そうとしながら会場をウロウロ。


すんごい建築を1つ見てウワァーーー!!!!ってめちゃくちゃ感動するのと
デザインされた小さなプロダクトを大量に見ておもしれ〜ってちょっとした感動を繰り返すのと
どちらが良いのか比較する事に意味など無いし
刺激の量もどちらが多いなどとはいえないけれど。

でもどちらかと言えば僕は
自分の身体全てでもってそのデザインを感じとることができる建築の方が
やっぱり好きなのかな〜と思ってしまったのでした。


夜はhari兄曰く、なんとなく集まったという先輩方と飲みました。


普通にTシャツを手売りしている伊東豊雄を見損ねたのと
この人のフミングアウトを聞き損ねたのが残念だった。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-08 03:22 | 雑記
柿食えば・・・
d0086914_13311371.jpg

今年も実家から柿が届きました。

昔、畑以外にも家の庭に何本か柿の木があって
木に登ってあそんだりしていたので
柿は僕にとってすごく身近な秋の味覚な訳です。




d0086914_13313546.jpg

!?


d0086914_13272412.jpg

!!!?


d0086914_13274349.jpg

!!!!!!!!!!?




とりあえず研究室に持ってこ。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-07 13:28 | 雑記
061002
吉岡徳仁展「スーパーファイバーレボリューション」

d0086914_2464542.jpg

とりあえずPANE Chair(パンの椅子)に座ってみる。
ファイバーによる新しい構造体としての提案
なんというかマフッとした感じ?の座り心地で
横から手でたたいてやるとプルプルしてプリンみたい。

パーティションとして会場中にばらまかれた糸になる前の繊維は本当にフワフワ
ここにある動画が面白い

55万本の透明ストローを用いた展示も質感がスゴい。
会場にはTOも展示されていた。
う〜〜〜ん、やっぱり欲しい…。




ヘンク・フィシュ展

会場のM邸には意外に人は少なくゆっくり楽しめた。
相変わらずチワワ(じゃなくてポメラニアンだと後から指摘を受けたので訂正。名前はシンノスケだそうです。)を抱きっぱなしのMさん
僕の事も覚えていてくれて展示を見ながらしばらく談笑。

9ヶ月ぶりに訪れたM邸は以前にくらべて庭に緑や苔が増えていて
ますます路地っぽい雰囲気満載になっていた。


柿とヘンク
d0086914_312676.jpg


住みだしてから1年程経った今でもカーテンを使用せずに生活しているというMさん
とても大きな開口がもたらす開放感を減少させてしまうカーテンを使うのは勿体無いとのこと。
これからもずっとカーテン無しで生活してもらいたい。
腰壁が無いためにMさんの住む棟の2階で窓を開けると窓際に座り込む事ができる。
シンノスケを抱えたままそこに座り込んで足をブラブラさせているMさん。
話をしていると本当にこの住宅が大好きな様子が伝わってくる。

庭の雰囲気が変わったせいなのか、2度目の訪問だからなのか
なんとなく前回の訪問とは受ける印象が違った。
棟と棟との関係性から作り上げられる空間というよりも
外部空間そのものが内部の全てを提示しているような
そんな感覚。


竣工から1年くらいで白い壁面が汚れ気味…
d0086914_3161429.jpg

[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-02 22:16 | 建築



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30