Top
2007年
みなさま
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


d0086914_315335.jpg



修了に向けて終わるかどうかわからない論文に必死に取り組んでいたら
いつの間にやら2007年を迎えてしまいました。

年末に向けて父と母とそれぞれから帰って来いコールがあったもので
盆地にて「しゃくれ署」で行われる罰ゲームに腹を抱えながらの年越しとなりましたが
横浜のアパートにいても進まない論文が実家にいて進むはずも無く。
大晦日を一晩過ごして、結局持ってったパソコンを一度も取り出す事無く横浜に舞い戻る始末。
まぁ、そこは気持ちの問題。
“万が一の場合はいつでも論文作業できますよ”的な安心感を得るためにね持っていった訳で…。
無駄な荷物だったわけじゃないよ。


2日夜、研究室に行ってみると
静まりかえったキャンパスで建築学棟だけが煌々と灯りがついておりました。
4年生も卒業に向けて頑張っているようですな〜


今月の目標「惰眠を減らして論文作業に当てるべし」

1ヶ月後、今年最初の大きな山場をむかえます。
[PR]
# by shimpei_ymsht | 2007-01-02 23:30 | 雑記
緑園都市
先週なかばの事。論文の事例研究と称して緑園都市へ見学にいってきた。
和田町から相鉄で一本。案外近い。現地でminoruと待ち合わせをする。

緑園都市/山本理顕設計工場
d0086914_20245525.jpg

「全体の計画をまずつくって、その計画にしたがって個々の建築を制約していくという方法ではなくて、建築が次々に連続していくときの、その連続のための因子を、自分の中に持っているような建築が考えられればいいわけである。方法としてはきわめて単純な方法なのだ。全体計画など決めないで、それぞれのオーナーの都合で勝手に建築をつくることにすればいい。ただし、その建築は接続の因子を自分の中に持っているような建築である。〈通り抜けの道〉が、いわばその“因子”である。」山本理顕

d0086914_2114246.jpg

商業的な賑わいという点では疑問が残るものの、通り抜け通路とそれをつなぐ階段、街路側にせり出した動線、大きな抜けの空間、所々に見られるブリッジなどが都市と建築の関わりという点でその役目を果たしている。外観は全体的に金物を多用したメカニカルな工場のようなハコの上にGAZEBOから一連して見られる仮設的な屋根がのっている感じ。北山さんが新建築の月評で言っているように、上に住む場所、下に公共空間を持つ表参道ヒルズが「公共という主題」で示されるものとするならば、GAZEBOでは「住むこと」にその主題がおかれていると言える。同様の構成を持つ緑園都市での主題はどちらにあるのか。空間を一通り見た限りだといまいちはっきりと感じ取れない。

d0086914_20504519.jpg

代官山ヒルサイドテラスのように通りの両側にわたって統一された計画がなされていて、谷間にある駅を挟んだ一体的な風景が出来上がっている。相鉄が緑園都市駅一体の計画を山本理顕に任せる事で実現した風景である。しかし所々に見られる“因子”に繋がりが見られないのが少し気になる。右の写真がその典型的な例。通り抜け通路の奥には貸し倉庫。建て主、相鉄不動産。建築家の意図が見事に裏切られている。下階の通り抜け通路を接続因子とした部分がコンセプトであるにも関わらず、どちらに主題があるのかはっきり感じとれなかったのは、こういうところに原因があるのかもしれない。
[PR]
# by shimpei_ymsht | 2006-12-28 20:38 | 建築
そういえば
10月の終わりまで手伝っていたコンペの結果が出てました。

今月入ってからお知らせもらってたけど、なんかバタバタした生活の中で忘れてました。
それにしても兄貴、惜しかったな〜

ファイナリストのプレゼンボート以外に動画も見られます。
データが重くなるせいか音楽ついてないけど
architecture WORKSHOPの動画には、バックに「戦場のメリークリスマス」が流れてます。

iTunesなどで同時に流しながらお楽しみ下さいませ。
[PR]
# by shimpei_ymsht | 2006-12-22 15:01 | 建築
商業建築のあるべき姿として
最近ブログの更新頻度がガタ落ちしてますが。
それは僕がここのところ、家と研究室の往復を繰り返すという
少々刺激の足りない日々を送っているからに他ならない。

という言い訳をしておきます。



ここ数年、青山・表参道には建築家がその設計を手がけた手がけたブランドショップが立て続けに出現しているという状況がある。
ブランドショップは、現代商業建築において特別な意味を持つ。その根底には、消費社会を象徴するかのような概念が存在している。だからそれらの建築に、敷地の背景や都市風景から異化しようとするベクトルが働くのも無理はない。そもそも商業という分野において「他とは違う特別なものであること」は本質的な考え方の1つだから。
そのような消費原理のみに左右されがちなブランドショップの中でも、ルイ・ヴィトン表参道は、ある種の都市性を帯びた希有な存在として位置づける事ができるのではないか。確かにルイ・ヴィトンのトランクを積み重ねたような外観には、広告的側面という意味でのシンボリズムは存在している。ただその一方で、内部には回遊性のある空間構成を内包している。街路空間が外からそのまま店舗内まで浸透しているかのような、都市的な様相を呈しているのである。そしてこれはディオール表参道にみられるような、内部空間をスッパリと分断するスラブ積層型建築には無い魅力である。
高度消費社会として位置づけられる今日、にぎわいを生み出し生活を豊かにしてくれる商業建築は、都市生活/都市空間に密着したものであらねばならない。だからこそ、青山プラダみたいにブランド広告として目立つという目的のみで、敷地の背景を無視したような建ち方をする商業建築なんてあり得ないんじゃないかと。



先週のN沢さんとのエスキスを終えて、こんな立場から論を展開していく流れになってきました。
修論の着地点がなんとなく見えて来たような、そうでもないような…。


先日ひさしぶりに都内に出て、ヴィトン表参道を見に行ったら店頭にこんなものが。
d0086914_3271175.jpg

Olafur Eliasson/Eye See You

クリスマスプロジェクトととして、世界350店以上のルイ・ヴィトンの店頭がオラファー・エリアソンの作品で輝くのだそうで。どうやら銀座とか行っても見られるみたいですな。
街はクリスマスに向けてのライトアップがそこかしこに見られるようになってきました。
表参道のakariumもキレイでした。

んでちょっと早いけどクリスマスプレゼントに前から欲しかったヘッドフォンを頂きました。
これで論文作業中の音楽環境は格段に良くなります。
ついでに作業スピードも2倍くらいになってサクサクと進んでくれないもんだろうか…。
[PR]
# by shimpei_ymsht | 2006-12-18 23:27 | 雑記
建てるだけが建築じゃないんです
Louvre-Lens/SANAA@GA gallery
d0086914_44228.jpg

近頃はベクターに触れる事もなくもっぱらワードと格闘、活字と格闘。そんな毎日。
先月末ココラボの打ち上げで真壁さんがおっしゃっていた
「建てるだけが建築じゃないんです云々」という言葉(若干意味の違いはありますが)を思い出しつつ
自分、今、建築やってる。建築やってるよーーー!!!とテンションを高めて作業に取り組む日々。

そんな中、先日訪れたGA galleryにて
修士設計では卒制の時みたいにデッカイ模型でなくてSANAAみたいに力の抜けた模型提出してやりたいなぁ
と展示を見ながら考えた。まだ設計にするかどうか決められてないけどさ…。




表参道ヒルズ/安藤忠雄建築研究所
d0086914_3233019.jpg

竣工からだいぶ経ちますが今回初めてちゃんと中を覗いてきた。
ピカピカというかギラギラした内装が……。ホール上部につられた音響設備が……。
d0086914_3332870.jpg

今年は安藤建築に触れる機会が多いけどまだ夏に見た地中美術館を超えるものには出会っていない。地下の大階段の印象は思っていたイメージと若干のズレ有り。安藤さんは「都市に住む人々の生活と密接に関わる商業建築には、公園のようにいつでも誰でも利用可能な公共性の高い空間があるべきではないのか」と今まさに僕が考えているような事を20年も前に主張していた。この大階段にはもしかしたらそんな公共性があるかもしれない、なんて事を少し期待しながらの訪問だったけれど。そう簡単にもいかないようで。ホールを覗いてから復元された旧同潤会アパートの方を見たけど、全然古い空間のほうがいいなぁと思ってしまった。
はたして表参道は滞在するための都市空間か、通り過ぎるための都市空間か。斜路に面したベンチに人々が座り込む光景には表参道の質がうまく引き込まれている気がする。大階段よりもこっちのベンチの方が公共性が高い場所だと言えるのかもしれない。
d0086914_3482067.jpg

[PR]
# by shimpei_ymsht | 2006-12-05 04:01 | 建築



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31