Top
タグ:横浜 ( 4 ) タグの人気記事
足跡
d0086914_2473996.jpg



最近mixiの過去の日記を少しずつ選別しながらこちらに誘導している。
ちょうど1年程前から自分が残した足跡をたどって行く作業。

1つ1つ読み返していると
不思議と日記に書いた事と同じくらい
日記を書かなかった事もいろいろ思い出してくる。

なんだか自分の記憶を編集しているような感覚に陥る。

この日記が1年前の出来事となったとき
今と同じように何かに追われ続けながら
忙しいとも暇とも言えないような日々を送っているのだろうか。



先日、兄貴に修士論文の計画を見ていただきました。
なんとなくGO!!サインが出た感じなので一安心。
進み方次第では修士設計に発展する可能性も若干は残っているし。
あとはゴリゴリと進めて行くのみ。
N沢さんにはいつ見せるかなぁ〜


写真:建築学棟から見える朝やけはMM21からのぼってきます。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-17 01:30 | 雑記
横浜に来たからこそ
できるようになった事をやってやりたい

と思う。

d0086914_2151750.jpg



夜、研究室OBのhomさんに修士論文の相談にのってもらおうと新宿へ。
最近、気持ち的にも追いつめられて来て
ちゃんと論文テーマについて考え続けていたので
なんとかぼんやりとしたテーマが浮かび上がって来た気も…。
でも人にちゃんと話をしてみると全然進んでいない事もしっかりと見えて来たりもして。


いざ取り組み出すと本当に学生最後の仕上げだし
設計でも論文でもかまわないからちゃんとしたモノを提出したいと
そんな気持ちがジワジワと湧いてくるわけで。

去年の春に横浜へ来てからというもの
学部時代の環境との違いに驚きながらも
そのズレを観察したりすることが本当に面白くて
その時々にいろいろと考えて来たわけですが(060126060215
やはり横浜に来たからこそ持ち得た視点であったり考え方であったりを
何かしら自分の中で着地させておきたいという思いが
日増しに強くなって来ているわけで。

要するに最後に“都市の公共性”みたいなデッカイことについて語りたいわけなのです。



写真は最近風景とか撮ってないな〜ってことで研究室からの景色。
夕方、建築学棟7階から見える空はなかなかのモノなのです。
もう少し右には富士山も見えます。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-11-12 23:27 | 建築
北仲にて
d0086914_0173513.jpg


朝日に照らされたランドマークを眺めながら
カッターマットの上であさげを食す@北仲。

山の上にある研究室では味わえない気持ち良さ。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-05-25 05:22 | 雑記
ここ1週間程のことなど
コンペが終わって何をしていたかと言えば、実は相変わらず大学に籠っていたわけで。
10日で2山越えました。


19日後期課題の最終提出。
今までやってきた設計を郊外住宅研究というものに展開させる必要があって、簡単な小論文を付け加えろとK兄貴から指令が出てました。昔から文を書くというのは、あんまり好きな方ではなかったので、結構苦しむ。しかも北仲でプレゼをしなくちゃいけなくてパワーポイントづくりにさらに苦しむ。
人に何かを伝える事ってとても難しい。いくらやりたい事やアイデアがあったとしても人にそれを伝えられなければ意味がナイ。今回もそんな事を考えつつ不完全燃焼だったし、もっと伝える能力を磨かなければと考えさせられる。


20日、下北沢の美容室で若い女の子に肩なり腕なりをモミモミされつつ、kurimosuさんに髪を切ってもらってサッパリする。
これでしばらくの間はなるとにオタク呼ばわりされなくなるかな。


そしてここから2山目。
「一週間卒制やってました・・・。」
とか言えるくらいの勢いで卒制ヘルプで6日間。
有言実行です。前回の日記の言葉をそのままやりきれたのではないかと思う。
まぁボスがやりたい事は明確に見えていたわけで、ai2と2人で話を聞いて、そのイメージをどう形におとし込むのかひたすら考えるという作業だった。去年も理科大までヘルプしに行ったけれど、はっきり言って今回は模型のヘルプより断然面白かった。ひたすらパソコン作業だったし。実はかなり楽しませてもらいました。

卒制シーズンの建築学科ってある種特別な空気感を持った場所に環境が様変わりする。毎年繰り返されている事ではあるのだけれど、この時期に4年生から放たれる何かを生み出そうするエネルギーはやっぱりすごいモノがある。今回もそれは同様で一週間という期間ではあったけど、そんな環境に身をおいて作業を出来た事はとてもいい刺激になった。
1つこころ残りはパースが中途半端なままになってしまった事。
徹夜続きでグロッキーになりながらつくってたものだから、時間もなかったのだからといろいろあるのだけれど。
データも残ってるし時間がある時にもう少しいじって完成させてしまおうかな・・・。


で、26日卒制の発表日。
外部から来た僕にとっては、横国の設計に対するアプローチは非常に新鮮なのです。
学部の時にプレゼの中心にあったのはやっぱり形態操作の話なんかだったわけで。そんな4年間を過ごしてから横国みたいなプログラムや敷地やソフトの話をとても大切にする設計の仕方をまざまざと見せつけられるとね。外部に出て良かったなぁ、とつくづく思ってしまいます。コジマさんの言葉はやっぱり正しかった。
しかし今年の4年生は力がある人が多すぎ。
来年こんなM1入ってきたらM2の立場は・・・とか勝手に焦りつつも非常に楽しく聞かせてもらいました。


ここで終わりかと思いきや夜はminoruの就職活動の為に模型つくってパースつくって・・・
どんな形であれ人に必要とされるというのは、ある意味で幸せな事なのかもしれないが。
でも、そろそろ人の事じゃなくて自分の事をやらないとヤバいかも。
しっかし、レポート何枚たまってるのか数えるのが怖いなぁ。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-01-26 22:57 | 雑記



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31