Top
建築ツアー 栃木・群馬編 その1
先日、研究室のメンバーと栃木・群馬の建築7つを巡る旅へ行って来た。
建築は淡白にさくっとみて、間に差し込まれた温泉や食事を楽しむ観光旅行気味なツアー。
でも旅で楽しいのはやっぱりそういう時間だったりする。


<1日目>栃木
大谷資料館→馬頭町広重美術館→石の美術館→那須歴史探訪館→温泉→餃子→フォレスト益子


大谷資料館
d0086914_238527.jpg

2度目の訪問だけど、相変わらずすげ〜空間。
この時期でも地下内部の気温は12℃で半袖だと寒かった。


馬頭町広重美術館/隈研吾建築都市設計事務所
d0086914_2392343.jpg

この日、日大の学生が数十人で訪問予定だったらしく係の人が間違えて内部の説明をしてくれた。
建築のイメージは広重の有名な絵からインスピレーションを得た。らしい
杉の間伐材で出来たルーバーはその絵の雨を表現したもの。らしい


石の美術館へ向かう途中、鮎釣りが盛ん?な地域を通ったので鮎の塩焼きを食らう。
d0086914_41227.jpg



石の美術館/隈研吾建築都市設計事務所
d0086914_2395413.jpg

内部はだいぶコストをおさえた造り。
外部にある石のルーバー(写真右側のやつ)がフィックスされずにはめ込まれているのには驚いた。
手で少し動かしてみたらガコッて・・・。


那須歴史探訪館/隈研吾建築都市設計事務所
d0086914_2402738.jpg

馬頭町や石の美術館と同じような素材感の建築。
係りの人の話だと、山側にある木々は全て桜の木で春には咲き乱れる桜をバックにした風景が見られるようです。


d0086914_372318.jpg

この後、急遽温泉行きが決定。近くにあった芦野温泉へ。
薬湯の湯に浸かり、手が臭くなる。

ゆっくり汗を流した後は餃子の街、宇都宮へ。
餃子屋をはしご。

1件目「政嗣」
メニューは焼き餃子と水餃子のみ、ビールさえも無い。
本当に餃子を食べるためのみの空間。
ス、ストイック過ぎる・・・。
「焼き餃子をおかずに水餃子を食う」の意味が理解できた。
味はあっさり。

2件目「めんめん」
こちらはもともとラーメン屋だけど餃子が有名な店らしい。
政嗣よりこってりで味濃いめ、肉油の味が良くわかる。
あと餃子の羽がめっちゃデカイ。


フォレスト益子/内藤廣建築設計事務所
d0086914_241159.jpg

今回の宿、宿泊費も手頃でオススメ。
フロントの折板の天井が大桟橋みたい。
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-09-01 02:46 | 旅行
<< 建築ツアー 栃木・群馬編 その2 色 >>



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31