Top
建築ツアー 栃木・群馬編 その2
うまい餃子をたらふく食べてテンションは上昇気味。
宿に着く前にコンビニにて酒とトランプを買い込み、修学旅行気分で宿に着くが・・・。

さすがにみんなお疲れのようで。
朝6時集合がここに来て効いてくる。

テンションは常に低い状態、グダグダな空気のままトランプに興じて就寝。


<2日目>群馬
新富弘美術館→鬼石多目的ホール→温泉→大屋根→M2→焼き肉→解散。


新富弘美術館/aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
d0086914_14433442.jpg

行く前にあまり良い評判をきいていなかったので、どんなもんかなぁと思っていたけど。
星野富弘の作品にはすごく合っている気がした。
角のない円形の展示室って作品見てる間にいつの間にか出口についてて。
ちょっとした事だけどこの美術館ではすごく重要に思えた。展示物が小さいせいもあるのか?
富弘さんの作品がとても良くて、メンバーを待たせたまま1人夢中になる。


昼飯は手打ちそば・うどん。
実は1日目も昼食はそば・うどん。
どちらの店でもそばを食ったけど、当然馬車道で食うそばより美味かった。


鬼石多目的ホール/妹島和世建築設計事務所
d0086914_14534639.jpg

ツルッとしてウネウネ〜って感じ。
思っていたよりも天井高は高め。
すかすかで透明感のある感じはさすが妹島建築と言ったところか。
建物と3つの広場が強く分節されないことを考えたらしいが、納得です。


以上で旅の目的だった建築訪問は終了。
ここでまた鬼石の近くにあった温泉へ。


帰り道の途中、車中からスゴく気になる大屋根を発見。
ちょっと見てみようということで8つめの建築訪問。
d0086914_15213053.jpg

係の人に聞いてみると設計は前川國男でした。
こんな瓦屋根みせられたら誰だって反応してしまうよ。
屋根勾配が急過ぎて冬は雪がおちて危ない。らしい


都内に入って環八を走行中、ひときわ周囲の風景から浮き上がる異様な大柱が・・・。


M2だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
d0086914_15345299.jpg

走行中の車内からmnrが必死に撮影。
こんな写真でも何撮ったのかわかるのがスゲ〜。

そういえばこの旅行、隈建築が満載だったな。


横浜に着いてから勢いで焼き肉屋へ。
最後まで建築以外の所に質を求めた旅だった。



旅の思い出写真
d0086914_1557187.jpg

1 宿にて 病人が3名
2 kkht、ジョンに襲われる
3 芦野温泉にて
by shimpei_ymsht | 2006-09-02 16:03 | 旅行
<< 建築家が建てるということ 建築ツアー 栃木・群馬編 その1 >>



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31