Top
タグ:非日常 ( 1 ) タグの人気記事
4半世紀
061023

麻布の半地下事務所に向かう前に
外苑前の事務所でいまさらながら3ヶ月前の給料を受け取り
ついでに近くにあるプリズミッックギャラリーへ。
河内一泰展」を観覧。
d0086914_1293976.jpg


そういえばここ、先日講演を聞いた菊地宏さんの設計。
この床の赤はスイスで住んでいたアパートでの体験を参考にしたものだって言ってました。


d0086914_131189.jpg

菊地さん設計の家具。
なかなかかわいいです。



061024

25歳になりました。
ちょうど4半世紀生きた事になります。
母さん、僕を生んでくれてありがとう。
父さん、僕を育ててくれてありがとう。
なんて言葉を両親に伝えた訳ではないけどそんな気持ちで一日過ごしてました。

誕生日だしせっかくだから行きたい所に行って、充実した1日にしようという事で目白へ。


東京カテドラル聖マリア大聖堂/丹下健三都市建設設計事務所
d0086914_1413114.jpg


なんだかんだで結局建築見に来てるし…。


ロンシャンの教会や光の教会みたいに
中に入った瞬間ガシっとハートをわし掴み!!という空間ではなくて
なにかじわじわと自分の中にしみ込んでくるような
そんな空間体験。

宗教建築自体が持つ非日常性は先日の旅行で訪れた首都圏外郭放水路のような
土木構築物が持つ非日常性とはまた質の違うもの。
象徴性という質を求められそこに集まる人々の為に構成された空間と
水をためて河に放水するという目的のみの為に造られた懇意的な意思の入り込む余地の無い空間
どちらも非常に大きな容積の非日常的な空間であるけれど
それぞれまったく異なる質を持つ。
まぁ、プログラムが違うんだから当たり前のお話。

静まり返った聖堂へ外から入り込んでくる風の音と
荒々しいコンクリートの壁面が持つ人を突き放すような空気感と
祭壇を中心とした対称性と象徴性を生み出す構成と
それらが相まって生まれる“場”に身を置きながら
ジワジワと湧き上がってくる感動をうまく受け止めきれずに
ただただぼーっと立ち尽くしていた。

d0086914_2215866.jpg

高く高く高くそびえ立つ鐘塔。

ん〜〜〜〜オベリスク!!!
[PR]
by shimpei_ymsht | 2006-10-25 02:58 | 建築



日々の生活の中に無限の広がりを求めて      by real flatness
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
建築
旅行
雑記
タグ
以前の記事
2008年 10月
2008年 06月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
Links Blog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Links Web